<< まんごう すぃーつ ふぇあ 夏の空 >>
Dragon of summer
e0097701_9102178.jpg

猛暑日の昼下がり。
夏空に 鮮やかな 二匹の龍。
神戸関帝廟。




e0097701_3492940.jpgその場所は 山手にある。
普通の町中に ひっそりと 
しかし
強烈な存在感を 放っている。
私が ここを 訪れるのは 一年に3度。
新年。 桜時。 
そして 普度勝会ふどしょうえ。  

あの世とこの世が つながる日。
故人と対話する日。
日本と 変わらない お盆行事。

変わっているのは
中国独自の伝統文化 【冥宅=みんたく】

理髪師だったおじいさんのために 散髪屋さんがあったり
ペットがいたり 麻雀卓があったり・・・
家具も車も すべて 紙で 再現した あの世で住む家。

それらを つくるのは 福建省出身の職人さん。
テレビニュースで 車椅子をつくる姿が紹介されていた。
たったひとりで 一年かけて つくるそうな。
香港島湾仔天后廟横のおじいちゃんを 思い出した。

e0097701_4352235.jpg

正面横から 講堂へ。
おどろおどろしい地獄再現の前で 説明している お父さん。
日本では 薄れていく 親から子への継承。
e0097701_3521454.jpg

地蔵王を守る 護衛&白馬の 面差しが 優しい。
e0097701_3523477.jpg

阪神大震災慰霊堂。
この 細かい飾り切りも 全部 手作り。
e0097701_4422877.jpg

一軒の○○府冥宅(○○さんちの冥土の家)前に パイプ椅子が並べられて
親戚一同が 集まっての法要が 始まるようだった。
冥宅に 張り紙がしてあった。
「近隣住宅からの依頼により 9時半に燃やします」

豪華な冥宅は 最終日の夜に 燃やされて あの世に届く。
[PR]
by jamtkiss | 2007-08-27 09:10 | 季節 | Comments(5)
Commented by りんりん at 2007-08-28 09:38 x
一度行って見たいとおもいつつ・・・
散歩圏内なのにいまだ行ったことがないのです^^;
来年は行くぞ!!
いつもニュースでみているこの冥宅を燃やすところをインファナル2で観た時にああほんまにもやすんや~~と妙にしんみりしたのを思い出すんです。あのシーン結構怖かったのにね記憶にあるのは燃えている冥宅なのです。
来年は行くよ絶対。
Commented by ネイル at 2007-08-28 10:19 x
手間隙掛けて作った冥宅 最後はどうするのかな~と思って読んでいたら (@_@;)
やっぱり 燃やすんですね!

精霊流しと通じる 家族の想いがありますね。
Commented by メイフー at 2007-08-28 13:46 x
台湾では確か、
お盆の頃、紙銭を各家庭で用意してた気がする。
あれはどこで燃やしてたんだろう。
お墓かな?

燃やすとすべてあの世へ行く。
あの世で困らないように、
冥宅も冥衣も紙銭も燃やして、
冥土での幸せを願う。
現実的な中国らしくて良いですね。

この「冥宅」、一度、本物を見てみたいわ。
Commented by mayukw at 2007-08-28 20:07
こんばんは。
私、ここ、行ったことない…
長崎でも横浜でも関帝廟行ったのに、一番近いとこで行ってませんわ。

「極彩色」という言葉がぴったり。
いまいち、何するところかよくわかってなかったんですけど
おととさんの解説でナゾが解けました。

インファナル2で そんなシーンがあったんですね…忘れてるf(^^;
今度見るとき、注意しておきます。
Commented by jamtkiss at 2007-08-29 08:36
■りんりんさん
ここに 一度も行ったことがないの?
それとも この行事に 行ったことがないの?
いんふぁなる で 冥宅 燃やしてたん?
燃やしてたのは 紙製のお供えとかじゃなかったっけ?
・・・得意のうろ覚え(笑)・・・・。
冥宅って 大陸の風習かもしれない。
お盆時期の香港で これ 見たことない・・。

■ネイルさん
あの世に届けるには この方法ですよね。
新年には 紙のお札?を燃やしてました。

■メイフー
香港では 道端どこでも(笑) 燃やしてたよ。
たとえば 地下鉄の出口とか・・・・。
いきなり 火があがって びっくりした記憶あり(笑)
横浜関帝廟 には 無いのかな?

■まゆさん
ここ 観光地南京町と 離れてるから 
一般日本人は わざわざ  行かないんじゃないかな。
神戸在住中国華僑信仰の場 ですわ。
<< まんごう すぃーつ ふぇあ 夏の空 >>